理想の家にするために|新築一戸建てを購入して快適な暮らしを手に入れよう

新築一戸建てを購入して快適な暮らしを手に入れよう

つみき

理想の家にするために

インテリア

用意しておくこと

福岡にかぎらず、注文住宅を頼もうとするときに気になるのが各自の要望と予算の折り合いです。希望をすべて詰め込むと予算から大きくはみ出てしまいかねず、予算を重視すると妥協を重ねる結果になりかねません。よってまず必要なことはどこまで予算として用意できるかということと、仮に予算オーバーとなったときにどこまで削っても納得できるかの線引きを大まかに決めておくことです。次にどこの会社に頼むかです。会社によって同じ条件で見積もりしてもらっても価格に差が出てきます。もし建てる場所が福岡でも県境に近い場合は隣の県の会社に頼むとまた違った査定になる場合もあります。さらにメーカーによっては建てて終わりというところからアフターケアまで請け負うところまであります。家は建ててからもメンテナンスを必要とするため別個に契約するか事前に頼んでおくかも考えておいたほうが良いです。

既にできたものとの違い

注文住宅と建売住宅との違いはいくつかありますが、価格という点からみると、注文住宅の場合はほしい設備によって値段が変わるため建売住宅のように値段交渉というわけにはいきません。建売住宅は販売会社が売っている段階で維持コストがかかるため会社の利益を削っても値引きをする場合がありますが、注文住宅ではこれから作るため会社はコストが建売住宅ほどかかりません。そのため過度に値引き要求をすると家の質の低下につながる恐れがあるため値段だけの交渉は控えたほうが良いでしょう。他にもメーカーは好事例をパンフレットに載せていますが、その事例は建てた当時という条件が付くため必ずしも福岡の今の状況が踏まえられているとは限りません。住宅を建てる前に福岡の地価や具体的なプランなどを踏まえて複数の会社に見積もりを出してもらい、どの設備にいくらかかるかを確認してから依頼することをすすめます。